PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > IT用語集 > F5アタック(F5攻撃 F5 Attack)

F5アタック(F5攻撃 F5 Attack)

Pocket

  • F5アタック(F5攻撃 F5 Attack)は、ネットワークへ高負荷を加えてサービスをダウンさせることを目的としたDoS攻撃の一種

F5アタック(F5攻撃 F5 Attack)とは、ネットワークへの攻撃を目的としたDoS攻撃(Denial of Service attack、ドス攻撃)の中の1つの手法です。

DoS攻撃とは、サーバーマシンや通信機器などのネットワーク構成装置に対して、機器が提供するサービスを停止状態に追い込む攻撃です。サービス停止攻撃などと呼ばれます。

F5攻撃は、キーボードのF5キーを連打または押しっぱなしにする事で、閲覧中のWebページをリロード(更新)する要求を短時間に大量に送り、Webサーバーに負荷を与えます。

Webブラウザには、F5キーを押すと、閲覧中のWebページを新しく更新するショートカットキーによる機能があります。しかしこの機能を短時間で大量に使い過ぎると、サーバーに負担がかかってしまうのです。

大人数で一斉にこのF5攻撃を行うと、サーバーや通信機器などに大きな負担がかかり、一時的にサーバーがダウンしてしまう事もあります。しかし、近年ではサーバーの性能だけでなく、インターネット環境の向上も大きく、めったにシステムダウンする事はありません。

F5攻撃以外に有名なDoS攻撃としては、Smurf attack(スマーフ)やSYN flood attack(SYNフラッド)などがあります。
また、Dos攻撃を複数のコンピュータを使い行う事を、DDoS攻撃(Distributed Denial of Service attack)といいます。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年2月2日
最終更新日:2015年07月01日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/itglossary-f5attack/trackback/