PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > IT用語集 > JSP(ジェーエスピー)

JSP(ジェーエスピー)

Pocket

  • JSPは、Webサーバーで動的なWebページを生成するためのサーバーサイドテクノロジ

JSP(ジェーエスピー)とは【JavaServer Pages:ジャバ・サーバー・ページス】の略称で、Webサーバーで動的なWebページを生成するためのサーバーサイドテクノロジです。java言語によって作られています。JSPはJavaサーブレットと同じサーバサイドJavaです。JSPは、サーバサイドテクノロジの標準といっても過言ではない強力なアーキテクチャです。バージョン1.0が1992年にリリースされました。

JSPを用いることで、通常のHTML形式で、Webアプリケーションを構築する事が出来ます。HTML内にJavaコードを埋め込み、クライアント(Webブラウザ)の要求に応じてJavaプログラムを実行し、処理結果をクライアントに送信します。送信されたJavaの実行結果は、HTML形式で出力させる事が出来きます。このように、ある程度HTMLのようなマークアップ言語に近い形で記述できるように開発されました。これはJavaサーブレットとの大きな違いです。HTMLへのJavaコードの埋め込みも、特殊なスクリプト言語などは使用せず、Java言語をそのまま使う事が出来ます。

HTML内にJavaコードを埋め込む方法は、他にJavaScriptがあります。JavaScriptとJSPの違いは、JavaScriptはWebサーバーから転送されるHTMLファイル内にJavaコードが記述されています。その為、その実行はクライアント側のWebブラウザにて行われます。これに対してJSPは、Webブラウザ(クライアント)側ではなく、Webサーバー側で実行されます。Webサーバー側で実行された結果のみが、HTML形式でクライアントに送信されるのです。

※JavaサーブレットとJSP
Javaサーブレットはサーバサイドで動作するJava言語で作成されたアプリケーションです。CGIと似た動作をします。JSPもJava言語で作られたサーバサイドプログラムです。JavaサーブレットやJSPは、Webサーバーで動的なサービスをクライアントに提供するための仕組みです。クライアント(Webブラウザ)からの要求に応じて動的なページを生成し、実行結果をクライアントに送信します。
JavaサーブレットとJSPの大きな違いは、JSPはHTMLファイルの中に直接Javaコードを記述することが出来る点です。そして、JSPでは出力結果もHTML形式で送信することが出来ます。このようにJSPでは、HTMLファイルの中に直接Javaコードを記述するだけで動的なページを生成できるので、デザイナーによるメンテナンスが容易になります。このような特徴を生かし、サーバ内部の処理はJavaサーブレットで行い、画面表示はJSPで行うということが可能です。


タグ(=記事関連ワード)

タグ: ,

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/itglossary-jsp/trackback/