PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > IT用語集 > MXレコード(MX Record、エムエックスレコード)

MXレコード(MX Record、エムエックスレコード)

Pocket

  • MXレコードは、DNSで定義されるドメイン情報の1つ

MXレコード(MX Record、エムエックスレコード)とは【Mail eXchange Record:メール・エクスチェンジ・レコード】略称で、DNS(ドメイン・ネーム・システム:IPアドレスとドメイン名を関連付けるシステム)で定義されるドメイン情報の1つです。

電子メール送信先のメールサーバーのホスト名:FQDN(Fully Qualified Domain Name:完全修復ドメイン名)を決める際にMXレコードが参照されます。つまり、MXレコードは対象ドメインの配信先メールサーバーのホスト名を指定しています。MXレコードの他に、DNSサーバーに登録されているレコード(情報)は、PTRレコード、NSレコード、Aレコード、SOAレコードなどがあります。

MXレコードは複数のレコードを定義する事が可能であり、さらに、優先度を設定する事も可能です。レコードの優先度は、プリファレンス値(レコードを記述する際の「preference = 10」などという表記)が小さい程、優先度が高く、プリファレンス値が大きい程、優先度が低くなります。複数のレコードに同じプリファレンス値を設定した場合、そのうちのいずれかのレコードが任意に選択されます。このように複数のレコードを定義する事で、もし1つのメールサーバーがダウンしたとしても他のサーバーにはメールが送信される可用性(システムが継続して稼働する能力)な構成が可能です。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/itglossary-mxr/trackback/