PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPを動かしてみよう! > PHP を実行させる

PHP を実行させる

Pocket

PHPで簡単な出力を実行してみる


PHPの記述

 PHPで簡単な出力を実行してみましょう。PHPを記述する箇所は、開始と終了を表す「開始:<?php」 「終了:?>」で囲まれています。

<?php PHPコードの記述 ?>

これによって “PHPモード” の切り替えを行います。このようにPHPモードの切り替えが容易にできるので、PHPコードのHTMLへの埋め込みが非常に簡単です。


サンプルコード

 次のサンプルコードを見てみて下さい。殆ど通常のHTMLで記述されています。PHPコードを記述する箇所だけ、「開始:<?php 」 「終了: ?> 」で囲んでいます。

  • -1- 以下のサンプルコードをメモ帳などのエディタソフトで記述し、「sample.php」というファイル名で保存してください。
  • -2- 次に、保存したファイルをPHPが動作するウェブサーバーにアップロードしてください。ほとんどのレンタルサーバーでPHPは動作するでしょう。
  • -3- アップロードが完了したらブラウザ(Internet Explore、Firefox、Chrome、など)からアップロードしたファイルへアクセスしてみましょう。
  • -4- PHP箇所の出力結果は [ Hellow World!! ] となります。

– サンプル Click Here ! –

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2011年9月10日
最終更新日:2017年03月20日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-dousa/trackback/