PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHP関数リファレンス > 日付・時間系 > date() 日付と時刻関数

date() 日付と時刻関数

Pocket

説明

概要
(PHP 4, PHP 5)
日付や時刻を文字列に置き換える(書式化する)。引数にtimestampが指定された場合は、その日の日付文字列を返します。timestampが指定されない場合は、現在の時刻が使われます。

構文
string date ( string $format [, int $timestamp = time() ] )
パラメータ
以下の文字が format
パラメータ文字列として認識されます
format 文字 説明 戻り値の例
d 日。二桁の数字(先頭にゼロがつく場合も) 01 から 31
D 曜日。3文字のテキスト形式。 Mon から Sun
j 日。先頭にゼロをつけない。 1 から 31
l (小文字の 'L') 曜日。フルスペル形式。 Sunday から Saturday
N ISO-8601 形式の、曜日の数値表現
(PHP 5.1.0 で追加)。
1(月曜日)から 7(日曜日)
S 英語形式の序数を表すサフィックス。2 文字。 st, nd, rd
または th。 jと一緒に使用する
ことができる。
w 曜日。数値。 0 (日曜)から 6 (土曜)
z 年間の通算日。数字。(ゼロから開始) 0 から 365
W ISO-8601 月曜日に始まる年単位の週番号 (PHP 4.1.0 で追加) 例: 42 (年の第 42 週目)
F 月。フルスペルの文字。 January から December
m 月。数字。先頭にゼロをつける。 01 から 12
M 月。3 文字形式。 Jan から Dec
n 月。数字。先頭にゼロをつけない。 1 から 12
t 指定した月の日数。 28 から 31
L 閏年であるかどうか。 1なら閏年。0なら閏年ではない。
o ISO-8601 形式の年。これは
Y ほぼ同じだが、ISO 週番号
(W)が前年あるいは翌年に属する場合がある点で
異なる(PHP 5.1.0 で追加)。
例: 1999 あるいは 2003
Y 年。4 桁の数字。 例: 1999または2003
y 年。2 桁の数字。 例: 99 または 03
a 午前または午後(小文字) am または pm
A 午前または午後(大文字) AM または PM
B Swatch インターネット時間 000 から 999
g 時。12時間単位。先頭にゼロを付けない。 1 から 12
G 時。24時間単位。先頭にゼロを付けない。 0 から 23
h 時。数字。12 時間単位。 01 から 12
H 時。数字。24 時間単位。 00 から 23
i 分。先頭にゼロをつける。 00 から 59
s 秒。先頭にゼロをつける。 00 から 59
u マイクロ秒 (PHP 5.2.2 で追加)。 例: 654321
タイムゾーン
e タイムゾーン識別子(PHP 5.1.0 で追加) 例: UTC, GMT, Atlantic/Azores
I (大文字の i) サマータイム中か否か 1ならサマータイム中。 0ならそうではない。
O グリニッジ標準時 (GMT) との時差 例: +0200
P グリニッジ標準時 (GMT) との時差。時間と分をコロンで区切った形式 (PHP 5.1.3 で追加)。 例: +02:00
T タイムゾーンの略称 例: EST, MDT …
Z タイムゾーンのオフセット秒数。
UTC の西側のタイムゾーン用のオフセットは常に負です。そして、
UTC の東側のオフセットは常に正です。
-43200 から 50400
全ての日付/時刻
c ISO 8601 日付 (PHP 5 で追加されました) 2004-02-12T15:19:21+00:00
r » RFC 2822 フォーマットされた日付 例: Thu, 21 Dec 2000 16:01:07 +0200
U Unix Epoch (1970 年 1 月 1 日 0 時 0 分 0 秒) からの秒数 time() も参照
返り値
日付を表す文字列を返します。 timestamp に数字以外が使用された場合は FALSE が返され、E_WARNING レベルのエラーが発生します。
サンプル
<?php
echo date('Y-m-d H:i:s',time());
?>

結果は
[
2011-11-26 14:21:20
]
となります。

サンプル
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta name="robots" content="index">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<head>
<title>PHP 関数 日付と時刻関数 date()</title>
</head>
<body>


<h1>PHP 関数 日付と時刻関数 date()</h1>


<h3>タイムゾーンの指定</h3>
<?php
echo 'Asia/Tokyo';
date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
?>
<br/><br/>


<h3>本日の日時 timestamp省略</h3>
<?php
echo date('Y-m-d H:i:s');
?>
<br/><br/>


<h3>本日の日時 timestampあり</h3>
<?php
echo date('Y-m-d H:i:s',time());
?>
<br/><br/>


<h3>2010/10/10の曜日</h3>
<?php
echo date('l', mktime(0, 0, 0, 10, 10, 2010));
?>
<br/><br/>


<h3>常に一週間後の日付</h3>
<?php
echo date('Y年m月d日 H時i分s秒',time()+(60*60*24)*7);
?>
<br/><br/>


<h3>書式化の例</h3>
<?php
echo date('l jS \of F Y h:i:s A');
?>
<br/><br/>


</body>
</html>

→サンプルはこちら

タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2011年11月26日
最終更新日:2012年08月29日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-functions_date/trackback/