PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPの文法 > 2 データ型 > 2-7 オブジェクト型 object

2-7 オブジェクト型 object

Pocket

- 1 分ノート ! -

  • オブジェクトとはプログラミング手法の概念
  • オブジェクト型の種類は複合型
  • オブジェクト型はデータ構造処理系が合わさった型
  • オブジェクト型のチェックは is_object() 関数 で行う

オブジェクトとは
POINT
  • オブジェクトとはプログラミング手法の概念

オブジェクトとは、所謂プログラミング手法概念ことです。

オブジェクト指向プログラミングでは、「デバック」「保守メンテナンス」「コードの再利用」などを容易にし、「モジュール化」された設計が出来るように考えられています。モジュール化とは、1つの複雑なシステムを、相互依存の強いソースコードで構成するのではなく、コードの規格化・標準化を進め、追加や交換が可能な独立した機能を持つコード同士で構成することです。

PHPではオブジェクト指向プログラミング(OOP)をサポートしています。

オブジェクト型
POINT
  • オブジェクト型はデータ構造処理系が合わさった型

オブジェクト型はデータ構造(プロパティ)処理系(メソッド)が合わさっています。

オブジェクトを作成する
 オブジェクトを作成するには最初に「クラス」を定義します。一度クラスを定義し、「new」 キーワードを使用して、オブジェクトを作成します。オブジェクトはいくつでも作成することができます。オブジェクトのプロパティメソッドにアクセスする際は「->」を使用します。

<?php
//クラスを定義
class SomeClass{
	var $sName = 'メンバ変数'; //クラス内の変数の事

	//クラス内の関数の事をメソッドと言います。
	function Message() {
		echo 'Hello World!<br/>';
	}
}
//オブジェクト作成
$oObj = new SomeClass();

//オブジェクトのプロパティ呼び出し
echo $oObj->sName."<br/>";

//オブジェクトのメソッド呼び出し
$oObj->Message();

//オブジェクト型チェック
echo '$oObjの型:'.gettype($oObj)."<br/>";
?>

結果は

メンバ変数
Hello World!
$oObjの型:object

となります。

オブジェクトであるか調べる
POINT
  • オブジェクト型のチェックは is_object() 関数 で行う

ある値がオブジェクトかどうか調べるにはis_object()関数を使用します。

$oObject = new Class;
if(is_object($oObject ) === TRUE) echo 'オブジェクト型です。';

結果は

オブジェクト型です。

となります。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

<h3>オブジェクト</h3>

<?php
//クラスを定義
class SomeClass{
	var $sName = 'メンバ変数'; //クラス内の変数の事

	//クラス内の関数の事をメソッドと言います。
	function Message() {
		echo 'Hello World!<br/>';
	}
}

//オブジェクト作成
$oObj = new SomeClass();

//オブジェクトのプロパティ呼び出し
echo $oObj->sName."<br/>";

//オブジェクトのメソッド呼び出し
$oObj->Message();

//オブジェクト型チェック
echo '$oObjの型:'.gettype($oObj)."<br/>";
?>
実行結果
オブジェクト
メンバ変数
Hello World!
$oObjの型:object

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2011年10月14日
最終更新日:2014年02月01日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-objecttype/trackback/