PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPの文法 > 4 演算子 > 4-11 キャスト演算子

4-11 キャスト演算子

Pocket

- 1 分ノート ! -

(string) (int)(integer)
(float)(real) (bool)(boolean)
(array) (object)
(unset)
  • キャスト演算子右辺オペランドのデータ型を指定した型に変換する

キャスト演算子とは
POINT
  • キャスト演算子右辺オペランドのデータ型を指定した型に変換する

キャスト演算子は、右辺オペランドを特定の型で扱うことが出来ます。指定した値の型をキャスト(変換)することが出来ます。(オペランドとは演算子の対象となる値のこと)演算子の右にオペランドを配置します。

$a = '10';
$b = (int) $a;
echo gettype($a)."<br/>\n";
echo gettype($b)."<br/>\n";

結果は

string
integer

となります。

※括弧の中ではタブとスペースを使用することが出来ます。
以下は同じ意味になります。

$foo = (int) $bar;
$foo = ( int ) $bar;

キャスト演算子の種類

キャスト演算子の種類、優先順位、結合時の評価です。すべての演算子の種類や優先順位はこちらを参照下さい。

演算子 名前 優先順位 結合時の評価 結果
(string) キャスト 1 right (string) $a 指定したオペランド $a を文字列型として扱う。
(int)(integer) キャスト 1 right (int) $a 指定したオペランド $a を整数型として扱う。
(float)(real) キャスト 1 right (float) $a 指定したオペランド $a を浮動小数点型として扱う。
(bool)(boolean) キャスト 1 right (bool) $a 指定したオペランド $a を論理型として扱う。
(array) キャスト 1 right (array) $a 指定したオペランド $a を配列型として扱う。
(object) キャスト 1 right (object) $a 指定したオペランド $a をオブジェクト型として扱う。
(unset) キャスト 1 right (unset) $a 指定したオペランド $a をNULL型として扱う。
$a = '10';
$b = (int) $a;
echo gettype($a)."<br/>\n";
echo gettype($b)."<br/>\n";

結果は

string
integer

となります。

$a = '10';
echo gettype($a)."<br/>\n";
$a = (int) $a;
echo gettype($a)."<br/>\n";

結果は

string
integer

となります。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

<h3>キャスト演算子</h3>
<?php
$var = '10';

$var = (int)$var;
echo gettype($var)."<br/>\n";

$var = (bool)$var;
echo gettype($var)."<br/>\n";

$var = (float)$var;
echo gettype($var)."<br/>\n";

$var = (string)$var;
echo gettype($var)."<br/>\n";

$var = (array)$var;
echo gettype($var)."<br/>\n";

$var = (object)$var;
echo gettype($var)."<br/>\n";

$var = (unset)$var;
echo gettype($var)."<br/>\n";
?>
実行結果
キャスト演算子
integer
boolean
double
string
array
object
NULL

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2011年10月31日
最終更新日:2014年02月26日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-operators_cast/trackback/