PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPの文法 > 4 演算子 > 4-13 実行演算子

4-13 実行演算子

Pocket

- 1 分ノート ! -

 実行演算子(バッククォート)
  • 実行演算子 (バッククォート) をサポート
  • (バッククォート) の中身を シェルコマンドとして実行し出力が返される

実行演算子
POINT
  • 実行演算子 (バッククォート) をサポート
  • (バッククォート) の中身を シェルコマンドとして実行し出力が返される

実行演算子は、 (バッククォート)です。バッククォート演算子とも言います。

$output = <code>ls</code>;
echo $output;

バッククォートで囲まれた文字列がシェルコマンドとして実行され出力が返されます。出力結果を変数に代入することが出来ます。実効演算子の使用は shell_exec() と等価です。 shell_exec() は、シェルによりコマンドを実行し、出力された結果を文字列として返します。

※バッククォート演算子は、PHPディレクティブのセーフモード(safe_mode) が有効な場合 もしくは shell_exec() が無効な場合は無効となります。
※セーフモードの機能はPHP5.3で非推奨となり5.4で削除されました。
※シェル (shell) はオペレーティングシステム (OS) の機能の一部であり、ユーザーからの指示を受けて解釈し、プログラムの起動や制御などを行うプログラムです。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

<h3>実行演算子</h3>
<?php
//カレントディレクトリ(現在のディレクトリ)の情報を表示する
$output = <code>ls</code>;
echo $output;
?>
実行結果
実行演算子
1-1-1-1.php 1-1-1-10.php 1-1-1-11.php・・・・・・・
・・・・・
・・・

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2011年10月31日
最終更新日:2014年02月26日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-operators_execution/trackback/