PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPの文法 > 4 演算子 > 4-14 条件演算子(三項演算子)

4-14 条件演算子(三項演算子)

Pocket

- 1 分ノート ! -

? : 条件演算子(三項演算子)
  • (条件式) ? 真の場合の式 : 偽の場合の式;
  • 式に対して式を評価する

条件演算子(三項演算子)とは
POINT

  • (条件式) ? 真の場合の式 : 偽の場合の式;
  • 式に対して式を評価する

条件演算子はオペランド(演算子の対象となる値)を3つ使用するPHP唯一の三項演算子です。条件演算子「? :」は「?」の左辺の式を評価し結果が「真(TRUE)」の場合は「:」の左辺の式の値を返し、「偽(FALSE)」の場合は「:」の右辺の式の値を返します。式に対して式を評価します。PHPの式についてはこちら

条件演算子の詳細は制御文の条件演算子を参照下さい

演算子 名前 優先順位 結合時の評価 結果
? : 三項演算子
条件演算子
1 left $a ? $b : $c $a が TRUE の場合に $b FALSE の場合に $b。

条件式 1 は「真」と評価されます。「?」の式の値を返します。

echo (1) ? 'TRUE' : 'FALSE';

結果は

TRUE

となります。

条件式 (1 == 1) は「真」と評価されます。「?」の式の値を返します。

echo (1 == 1) ? 'TRUE' : 'FALSE';

結果は

TRUE

となります。

条件式 (1 == 1) は「偽」と評価されます。「:」の式の値を返します。

echo (1 == 2) ? 'TRUE' : 'FALSE';

結果は

FALSE

となります。

条件式 ($a === $b) は「真」と評価されます。「?」の式の値を返します。

$a = 10;
$b = 10;
echo ($a === $b) ? $a*$b : $a/$b;

結果は

100

となります。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

<h3>条件演算子(三項演算子)</h3>
<?php
echo (1) ?       'TRUE'."<br/>\n" : 'FALSE'."<br/>\n";

echo (1 == 1) ?  'TRUE'."<br/>\n" : 'FALSE'."<br/>\n";

echo (1 == 2) ?  'TRUE'."<br/>\n" : 'FALSE'."<br/>\n";

$a = 10;
$b = 10;
echo ($a === $b) ? $a*$b."<br/>\n" : $a/$b."<br/>\n";
?>
実行結果
条件演算子(三項演算子)
TRUE
TRUE
FALSE
100

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2011年10月31日
最終更新日:2014年02月26日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-operators_if/trackback/