PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPはじめに > phpとは

phpとは

Pocket

説明

PHPとは
 PHPはウェブ開発に最適化された言語です。もともと動的なウェブコンテンツを作成するために開発されました。

PHPは元々個人で開発されていましたが、コードが公開され、様々な開発を経て、現在では世界中で使われるプログラム言語となりました。

PHPという呼び名は Hypertext Preprocessor を再帰的に略したものです。ちなみに、最初は「Personl Home Pages」とう名称だったそうです。

PHPは厳密にはオープンソースの汎用スクリプト言語です。スクリプト言語とは、ソースコードを解釈しながら実行する種類の言語です。C言語などのようにコンパイルする必要がない言語です。PHPはソースコードが公開されているのでオープンソースということになります。

PHPのコードは容易にHTMLへ埋め込むことが出来ます。PHPを習得すれば、より動的なウェブサイトが構築できるでしょう。Yahoo、楽天、FacebookがPHPを採用しています(2011年11月現在)。

PHPの動作環境
 PHPはコードがサーバーで実行されます。実行された結果がクライアントに送信され、実行したコードの内容をクライアントが知ることはできません。このことは、JavaScriptなどと異なる点です。

PHPは「Apacheモジュール」としてインストール場合と「CGIバイナリ」としてインストール場合があります。

PHPの自由度
 PHPの設定の自由度は非常に高く、シェルユーザーコマンドを全て実行可能な完全なサーバーアプリケーションを作成することもできます。逆に、厳しく制御された環境で低リスクの簡単なサーバーサイドインクルードを使用できるようなアプリケーションを構築することも出来ます。

PHPは、多くの拡張モジュールオープンソースフリーのアプリケーションがり、開発者はそれらを手軽に利用できます。

また、多くのOS、ウェブサーバー、データベースサーバーに対応していて、日本語マニュアルも完備されているので、導入が容易でしょう。

PHPのセキュリティー
 このように、PHPでは様々な環境の構築方法がり、その内容は開発者に委ねられます。どのような環境を構築するかによってセキュリティーのレベルは大きく変わります。セキュリティーはPHPの開発者に大きく依存することになります。

PHPの特徴
  • ウェブ開発に特化された言語です。
  • 動的なウェブコンテンツを作成するのに適しています。
  • サーバーサイドスクリプト言語です。
  • オープンソースです。
  • HTMLへの埋め込みが非常に容易です。
  • 他のプログラム言語に比べ開発環境が容易に構築できます。(一般的なレンタルサーバー環境では直ぐに利用できるでしょう。)
  • 他のプログラム言語に比べ文法が比較的容易です。(面倒な部分はPHPが自動的に処理してくれます。)
  • CGIに比べ処理速度が早いです。
  • PHPの設定自由度は非常に高いです。
  • 多くの拡張モジュール、オープンソース、フリーのアプリケーションが提供されています。
  • セキュリティーレベルはPHPの開発者に大きく依存します。開発者の記述内容によって危険なアプリケーションにも成り得るということです。
  • 多くのデータベースに対応しています。(MySQL,PostgreSQL,Oracle,Sybaseなど)
  • 多くのOSに対応している。(Linux,FreeBSD,Solaris,Windows,MacOSXなど)
  • 多くのウェブ開発で採用されているので日本語ドキュメントが非常に多く、日本語マニュアルも完備されています。

PHPコードの埋め込み
 PHPコードをHTMLへ埋め込むのは非常に簡単です。PHPコードの記述箇所を「<?php 記述内容 ?>」で囲みます。
– サンプル Click Here ! –

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta name="robots" content="index">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<head>
<title>TRYPHP! PHPコードの埋め込み</title>
</head>
<body>
<h1>PHPコードの埋め込み</h1>
<!-- 説明ページ -->
<h3><a href="http://www.tryphp.net/2011/09/08/phpref-phptoha/">→説明はこちら</a></h3>
<hr/>






<h2>サンプルコード実行</h2>
<div style="background-color:#f8f8f8;margin:20px; padding:20px; border:solid #cccccc 1px;">
<!-- // =========================== ここから =========================== -->

<strong>
通常のHTMLの記述
・・・
・・<br/>
</strong>

<?php
echo '<i>PHPの記述</i><br/>';
echo '<i>PHPの記述</i><br/>';
echo '<i>PHPの記述</i><br/>';
?>

<strong>
通常のHTMLの記述
・・・
・・<br/>
</strong>

<!-- =========================== ここまで =========================== // -->
</div>
<hr/>






</body>
</html>

– サンプル Click Here ! –

PHPの歴史
 PHPは1994年に Rasmus Lerdorf 氏(デンマーク)によって初めての産声を上げました。最初のPHPはシンプルなCGIバイナリ群で、C言語で書かれていました。

1995年6月、Rasmus氏はPHP Toolsのソースコードが公開されオープンソースとなりました。開発者は好きなように使用できるようになり、ユーザーによるバグ修正や機能改善も推奨されました。

その後コードの書き換えや機能改善など様々に手が加えられ、1998年6月PHP3.0が公式にリリースされました。PHP3.0は、現存するPHPに近い状態になった最初のバージョンです。

2000年5月にPHP4.0がリリースされました。PHP 4.0はパフォーマンスが大幅に改善されたのに加え、さらに多くのウェブサーバのサポート、HTTPセッション、 出力のバッファリング、ユーザの入力のさらに安全な取得方法の 提供、いくつかの新しい言語構造の提供といった特徴があります。

PHP5は長期にわたる開発とプレリリースを経て2004年7月に公開されました。 改良の目玉は、コアである Zend Engine 2.0 で新しいオブジェクトモデルがサポートされたことで、 その他にも多くの新しい機能が追加されています。

データベースへの対応
 MySQL,PostgreSQL,Oracle,Sybase などのデータベースに対応しています。

様々な生成
 PDF,GIF,JPG,PNG,Flashムービーなどを生成させることが出来ます。

OSへの対応
 Linux,FreeBSD,Solaris,Windows,MacOSXなどのOSに対応しています。

ウェブサーバーへの対応
 Apache MicrosoftIIS Netscape/iPlanet などのウェブサーバーに対応しています。

PHPのマニュアルサイト
 当サイトでは初心者向けに噛み砕いた説明にしています。
より詳細を厳密に習得したい方は、正規のPHPマニュアルサイトを利用して頂けるといいでしょう。
マニュアルサイトURL:http://www.php.net/manual/ja/index.php


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2011年9月8日
最終更新日:2012年09月21日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-phptoha/trackback/