PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPの文法 > 1 基本構造 > 1-15 論理値 TRUE と FALSE

1-15 論理値 TRUE と FALSE

Pocket

- 1 分ノート ! -

  • 論理値はを表す 値 のこと
  • 真を表す論理値:
    キーワード TRUE true(大文字小文字区別なし)
  • 偽を表す論理値:
    キーワード FALSE false(大文字小文字区別なし)
  • FALSE と見なされる値
    表示なし
    キーワード FALSE false
    整数 0
    浮動小数点 0.0
    空の文字列 " "
    空の文字列 ' '
    文字列 "0" (文字列としての0)
    要素数が 0 の配列 $ary = array();
    プロパティーやメソッドを含まない空のオブジェクト
    NULL値
  • FALSE 以外は全て TRUE

論理値とは
POINT
  • 論理値とは 真 偽 を表す値のこと

論理値とは、「何かが真であるか、真でないか(偽)」を表すのことです。ブール(bool)値やブール(bool)型、又は、ブーリアン型(Boolean)とも言われます。

例えば、if文などの条件式が 真 であるか 偽 であるかを表す値として使用されたりします。

PHPの論理値
POINT
  • 真を表す論理値:
    キーワード TRUE true(大文字小文字区別なし)
  • 偽を表す論理値:
    キーワード FALSE false(大文字小文字区別なし)

PHPの論理値は TRUE (真) FALSE (偽)です。キーワードとして TRUE と FALSE が用意されています。大文字小文字は区別しません。true false でも同じ意になります。

PHPにおいて、TRUE(真)やFALSE(偽)を表す値、或いは、TRUE(真)やFALSE(偽)と見なされる値には決まりがあります。それぞれ以下で説明します。

FALSE と見なされる値
POINT
FALSE と見なされる値

  • 表示なし
  • キーワード FALSE
  • 整数 0
  • 浮動小数点 0.0
  • 空の文字列 " "
  • 空の文字列 ' '
  • 文字列 “0” (文字列としての0)
  • 要素数が0の配列 $ary = array();
  • プロパティーやメソッドを含まない空のオブジェクト
  • NULL値

論理値は条件式などで使用されます。以下はifの条件式の値が FALSE と評価された場合の例です。

if(FALSE) echo 'TRUEと見なされます。';else echo 'FALSEと見なされます。';

結果は

FALSEと見なされます。

となります。

if(0) echo 'TRUEと見なされます。';else echo 'FALSEと見なされます。';

結果は

FALSEと見なされます。

となります。

if('') echo 'TRUEと見なされます。';else echo 'FALSEと見なされます。';

結果は

FALSEと見なされます。

となります。

TRUE と見なされる値
POINT
  • FALSE 以外は全て TRUE と見なされます

論理値は条件式などで使用されます。以下はifの条件式の値が TRUE と評価された場合の例です。

if(TRUE) echo 'TRUEと見なされます。';else echo 'FALSEと見なされます。';

結果は

TRUEと見なされます。

となります。

if(1) echo 'TRUEと見なされます。';else echo 'FALSEと見なされます。';

結果は

TRUEと見なされます。

となります。

if('真です。') echo 'TRUEと見なされます。';else echo 'FALSEと見なされます。';

結果は

TRUEと見なされます。

となります。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

<h3>TRUE 真の値</h3>
<?php
if(TRUE) echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if(1) echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if(1.1) echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if("string") echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if('string') echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if(array(0,1,2)) echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
?>

<h3>FALSE 偽の値</h3>
<?php
if(FALSE) echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if(0) echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if(0.0) echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if("") echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if('') echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if("0") echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
if(array()) echo "TRUEと見なされます。<br/>\n";else echo "FALSEと見なされます。<br/>\n";
?>
実行結果
TRUE 真の値
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。

FALSE 偽の値
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

タグ: , , ,

日付

投稿日:2011年10月11日
最終更新日:2014年02月01日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-ronrichi/trackback/