PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPの文法 > 2 データ型 > php の 論理型(boolean) について

php の 論理型(boolean) について

Pocket

- 1 分ノート ! -

  • 論理型とは 真 偽 を表す値の型
  • 論理型の種類はスカラー型
  • 論理値は キーワード TREU ( true ) FALSE ( false )(大文字小文字区別なし)
  • FALSE と見なされる値
    表示なし
    キーワード FALSE false
    整数 0
    浮動小数点 0.0
    空の文字列 " "
    空の文字列 ' '
    文字列 "0" (文字列としての0)
    要素数が 0 の配列 $ary = array();
    プロパティーやメソッドを含まない空のオブジェクト
    NULL値
  • FALSE 以外は全て TRUE
  • 論理型のチェックは is_bool() 関数 で行う


論理型とは

POINT

  • 論理型とは 真 偽 を表す値の型
  • 論理型の種類はスカラー型

論理型とは、「何かが真であるか、或いは、真でないか=偽」を表す値である 論理値を示す型 のことです。この型の値は、キーワード TRUE または FALSE のどちらかになります。TRUE や FALSE は論理値を示すキーワードです。大文字小文字の区別はありません。論理値についてはこちらを参照下さい。


PHPの論理値

POINT

  • 論理値は キーワード TREU ( true ) FALSE ( false )(大文字小文字区別なし)

PHPの論理値はキーワード TRUE (真) FALSE (偽)です。

論理値は、「何かが真であるか、或いは、真でないか=偽」を表す値のことです。キーワードとして TRUE と FALSE が用意されています。大文字小文字は区別しません。true false でも同じ意になります。そして、PHPでは、キーワード TRUE や FALSE に加え、TRUE や FALSE と見なす値についての決まりがあります。


FALSE と見なす値

 PHPにより FALSE と見なされる値。

POINT

  • 表示なし
  • キーワード FALSE
  • 整数 0
  • 浮動小数点 0.0
  • 空の文字列 "" や ''
  • 文字列としての0 "0"
  • 要素数が 0 の配列 $aValue= array();
  • プロパティーはメソッドを含まない空のオブジェクト
  • ULL値


TRUE と見なす値

POINT

  • FALSE 以外は全て TRUE

PHPにより TRUE と見なされる値は FALSE 以外すべてとなります。


論理値の使用

POINT

  • 論理値は if文 などの条件文で使用

論理値は if などの条件文で使用します。

if(論理値) {...}

例えば

結果は

FALSEです。

となります。

また、if文などの条件分岐に演算子と共に使われます。

結果は

TRUEです。

となります。


論理値であるか調べる

POINT

  • 論理型のチェックは is_bool() 関数 で行う

ある値が論理値かどうか調べるにはis_bool()関数を使用します。

結果は

論理型です。

となります。


サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2017年3月18日
最終更新日:2017年03月19日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-ronritype/trackback/