PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPテクニック > PHPメモリ節約

PHPメモリ節約

Pocket

説明

数値を使用する
数値を使用する箇所で文字列扱いしない。

悪い例

for($i="0"; $i<"10"; $i++){処理}
&#91;/PHP&#93;

<strong>良い例</strong>
[PHP ruler="true" toolbar="true"]
for($i=0; $i<10; $i++){処理}
&#91;/PHP&#93;

</div>



<h5>変数の初期化</h5>
<div id="txtBoxLms" class="txtM">
大きなデータを格納した変数は、使用後、初期化する。
[PHP ruler="true" toolbar="true"]
//配列
$array = array();
//文字列
$string = '';
//数値
$int = 0;
//オブジェクト
$object = NULL;
インクルードは必要最低限
インクルードで外部ファイルを読み込む際は必要最低限にする。
MySQL
MySQLで巨大な結果セットを扱う際は、mysql_unbuffered_query()関数を使用する。

必要な部分を少しずつ読み込んでいく。

結果セットは不要になったら開放する。

mysql_free_result($result);
大きな文字列は変数に格納しないで関数で読み込む
>大きな文字列は変数に格納しないで関数で読み込む

function header(){
	echo '・・・・';
}

function footer(){
	echo '・・・・'
}

header();
//処理
footer();

タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2011年11月19日
最終更新日:2012年07月27日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpref-tech_memory/trackback/