PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
ホーム > PHPサンプル > 文字列系 > 文字列をURLエンコードしたい

文字列をURLエンコードしたい

Pocket

サンプルコード sample code
文字列をURLエンコードする urlencode()
エンコードした文字列 = urlencode (入力文字列);

例:

$userinput = 'ユーザー入力';
echo urlencode($userinput);

結果は

%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E5%85%A5%E5%8A%9B

となります。

文字列を URL エンコードします。エンコードすることで、URLパラメーターとして送信できます。「- (ハイフン)」 「 _ (アンダーバー)」 「 . (ドット)」 を除くすべての非英数文字が 「 % (パーセント)」記号と2桁(16進数)の数字で置き換えられ、空白は「 + (プラス)」記号にエンコードされます。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

<h3>文字列をURLエンコードする「urlencode()」</h3>
<?php
//urlのパラメーターの値
$foo = 'fooパラメーター値';
$bar = 'barパラメーター値';

//値をurlエンコードする
$urlencodeString = 'foo='.urlencode($foo).'&bar='.urlencode($bar);

//htmlを表示させる。
echo '・urlエンコードされたhtmlを表示させる : <a href="http://tryphp.net?' . htmlentities($urlencodeString) . '">url</a>';
echo '<br/>';

//urlエンコードされたhtml文字列の確認
$urldecodeString = htmlentities('<a href="http://tryphp.net?'.$urlencodeString.'">url</a>');
echo '・urlエンコードされたhtml文字列の確認 : '.$urldecodeString;
?>

– サンプル Click Here ! –

実行結果
文字列をURLエンコードする「urlencode()」
・urlエンコードされたhtmlを表示させる : url
・urlエンコードされたhtml文字列の確認 : <a href="http://tryphp.net?foo=foo%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%
BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%80%A4&bar=bar%E3%83%91%E3%
83%A9%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%80%A4">url</a>


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2012年3月4日
最終更新日:2014年02月16日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/phpsample-string-urlencode/trackback/