PHPでウェブの世界と繋がろう!
menu
Last Update:

独自SSLとは何ですか?

Pocket

Q:独自SSLとは何ですか?

A:独自ドメインにSSL暗号化通信を設定するサービスのことです。

独自SSLとは、独自ドメインのURLにSSL暗号化通信を設定するサービスのことです。

SSLは、インターネット上の情報通信を暗号化する通信方法です。SSL通信を行うことによってインターネット上で安全なデータ通信を行うことが出来ます。主に個人情報やクレジットカード情報など機密性の高い情報のやり取りを行うWebページで利用されます。これにより、インターネット上でユーザーがWebサイトのページを閲覧したり、或いは、個人情報を入力したりする際、送受信するデータを悪意のある第三者による不正取得などから保護します。

独自ドメインは、ユーザー自身で取得するドメインのことです。ドメインの名前はユーザーが好きな名前で取得することが出来ます。ですが、すでに取得されている名前は登録することは出来ません。独自ドメインはレンタルサーバーを契約するホスティング業者で取得するか、ドメイン取得専門業者であるレジストラで取得してレンタルサーバーに持ち込む方法があります。

SSL通信を行っているWebページでは、ブラウザのアドレスバーに表示されているURL が 「https://・・・」と「s」が表示されます。独自SSLの場合、独自ドメインが「tryphp.net」であれば、「https://tryphp.net/onlineshop/cart.php」などどなります。

独自SSLは有料になります。独自SSLの場合、ホスティング業者がオプションサービスで用意しているSSL証明書を利用するか、ベリサインなどサードパーティーのSSL証明書を持ち込んで利用します。サードパーティーのSSL証明書を利用する場合は、ホスティング業者に事前確認するのが良いでしょう。


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2015年7月2日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.tryphp.net/rentalserver-qa-ssl/trackback/